家を作る時に,とても力を入れるのはなんといっても玄関です。玄関というのは、その家の顔と言える場所なのです.そこで、しっかり検討して作ることが大事ですね。そしてその玄関自体と同じように、玄関までのところも考えることが重要です。
玄関までのアプローチは、その人のセンスを表しています。そこがしっかりしていて素敵な場所と思うことができると、それでその家の価値をあげることができます。ここでは、私の家の玄関が少し高い位置にあることについて、お話します。

・家が道路に面している
そのようにしたのは、私の家が道路に面しているところにある事です。道路に面しているので、いろいろな人が、私の家のところを通ることになります.そこで、その防犯上をしっかりと作りたいと思うようになりました。
防犯として、道路と同じ高さよりも少し高い位置の方がいいと思ったのです。そのようにすることにより、直ぐに玄関に入ることができません。

・門戸を作っている
門戸を作ることにより、家と道路の堺をしっかりとさせることができています。門戸と塀で、ガードをすることができました。そのままよりも、ずっと安心することができています。まず門戸のところにインターホンがあるので、その箇所から人が入れないようになっています。それはとても安心です。
また門戸は、家と同じ色のデザインとしています。そのことにより、マッチした感じにすることができました。そのデザインや色についても、考えて作ることが大事ですね。

・階段がある
門戸を開けると、直ぐに玄関ではありません。玄関ではなく、そこに階段を作っています。しかがって、道路よりも、高い位置に家があることになります。それも安心感につながっています。外に出た時に、外を歩いている人から私が見えないのです。そのことで、とてもストレスを緩和させることができていると思いました。目が合うとなんとなく気まずいですね。そのようなことがないのでいいです。